お年寄り

彩り豊かな宅配ゴハン|美味しい糖尿病食をお届け

病食の栄養管理

老人

どんな食事をとるのか

現在、糖尿病の患者数が約300万人を超えています。糖尿病は、例年に比べてかなり患者数が増えているので、それに対する病食も今まで以上に必要になります。そもそも糖尿病とは、名前の通り糖が多くなることです。なので糖尿病に対する食事は糖を減らすことが大事です。実際の病食では、炭水化物や脂質を抑えた料理がとても多く、ダイエットにも向いている料理が多いです。ただし一気に食べたりなどはしてはいけません。一気に食べてしまうと、インスリンを多く必要としてしまうからです。なので、朝と昼と夜にわけてしっかりとることが大事です。糖尿病はこれからも増えていく傾向なので、今以上に食べ物に気を使うことが糖尿病の対策として、とても重要になります。

病食の特徴

病食の特徴は栄養管理を重視しています。糖尿病の病食では、1日のエネルギー量が約1600キロカロリー以下の食事が多いです。一食分になるとおかずだけで200キロカロリーまでにもなります。なのでダイエットを目的としてる人にも、とてもお勧めされています。糖尿病の場合、食後に血糖を上げることはよくないので、炭水化物は多く摂らないようにするべきです。食後に血糖を上げる栄養成分は炭水化物だけなので、他のおかずでバランスよくエネルギーを補給することも糖尿病食の特徴です。ちなみに血糖を上げることが、なぜ悪いのかというと血糖値を一定に保てなくなるから、ことです。だからこそ、この病食は血糖を上げる炭水化物を抑えており、バランスを考えた食事になっています。