賃貸オフィスと自社ビルのメリットを比較してみよう

男性

建物は定期的に診断が必要

建築物などの建物には安全に維持をしていくために国で定められた一定の基準が設けられています。そのため、定期的に検査を受ける必要があります。もちろん、検査を行うことができる人材は、建築物に関する専門の技術を持つ業者などが行うことになります。建築物は、複雑な構造で建てられているためです。

メンズ

宿泊施設や公共施設では建物診断が必要

宿泊施設や公共施設では、外部の利用者が安心して施設を使うために建物診断が必要です。宿泊施設では旅行者などの宿泊客が事故のないように安全面を確保してサービスを提供することが大切です。同様のことが公共施設でも言えます。宿泊施設とは異なり、開館している時間は日中のみと限られていますが、同様です。

社内

考えられる建物が劣化した際のリスク

では、建物が劣化した際に考えられるリスクとはどのようなことがあるのでしょうか。建物には年数の経過とともに劣化していき、その機能を維持していくためには修繕という作業が必要になります。例えば、挙げられるリスクとしては外壁の剥がれ落ち、古い建物では柱のひび割れなどのリスクがあります。

[PR]
オフィス移転のコストを削減!
手頃な価格で対応してくれる業者を紹介

賃貸オフィスと自社ビルではどう違うか

賃貸オフィスでは 建築物の管理が不要となってくる

では次に賃貸オフィスと自社ビルではどのような違いがあるかということですが、賃貸オフィスではまず建築物に関する管理が不要になります。これは建築を管理している所有者家管理会社が建物のメンテナンスの行う義務があるためです。

自社ビルにすると良いメリット

次に自社ビルでは、どのような メリットがあるかですが、自社ビルを所有することになると固定資産を所有することになりますので、ある程度の資産の確保が必要となってきます。そのため会社の信用が向上することにつながります。

用途や会社の規模によって考える

いずれにしましても、賃貸オフィスが良いのか自社ビルが良いのかどちらにするのかは、会社の業務に関する用途か規模に関係してくると考えられます。例えば、小規模な会社であればコストを考えると賃貸の方が経費はかからずに済みます。反対に企業の規模が大規模であれば自社ビルを所有しておいた方が、コストの削減には繋がると言えます。

[PR]
建物診断をプロに依頼しよう
メリットなどを事前にチェック☆

法人の企業が利用できる不動産サービス

女の人

法人の企業が 利用できるサービス不動産サービス ついて

法人の企業が利用できる不動産サービスは 個人の方が利用できるものと同様です。ただ、担当者の経験が豊富であるとスムーズに対応してもらえるので、法人の不動産サービスを専門としている 企業を業者を選ぶとより良い物件を探すことができます。

法人向けの不動産サービスを行っている企業

では具体的にどのような企業が不動産向けサービスを専門に行っているのでしょうか。それは不動産会社を多数所有している大手企業の系列企業などが挙げられます。こちらでは自社の賃貸オフィスを始め様々なサービスを行っています。

不動産会社のホームページで 検索することができる

前述のように、法人向けの不動産サービスを行っている業者には自社の不動産を多数所有する大手の企業も多くあります。それらの業者では、ホームページで詳しく行っているサービスを確認することができます。港区では、多種多様な賃貸オフィスを見つけることが可能でしょう。